隋唐演義(上)

講談社文庫
ズイトウエンギジョウ
  • 電子あり
隋唐演義(上)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

隋を建国した楊堅(ようけん)、晩年には酒色に溺れ、なんと息子の楊広(ようこう)に謀殺されるという憂目にあう。ところが楊広もまた、即位し煬帝(ようだい)となるや、全国から1000人を超す美女を集め、遊びにふける始末だ。当然、その隙をついて、在野の英雄たちが動きだす。皇帝と盗賊、英雄と悪女たちが入り乱れ、隋末唐初への歴史ドラマが幕を開ける! 『封神演義』に匹敵する面白さ。中国史上もっとも華やかな、隋唐の乱世を描き切る、歴史スペクタクル。

製品情報

製品名 隋唐演義(上)
著者名 著:安能 務
発売日 1999年12月10日
価格 定価 : 本体648円(税別)
ISBN 978-4-06-264694-9
判型 A6
ページ数 432ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 単行本は1997年7月、小社刊。

オンライン書店で見る