七回死んだ男

講談社文庫
ナナカイシンダオトコ
七回死んだ男
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

同一人物が連続死! 恐るべき殺人の環。殺されるたび甦り、また殺される祖父を救おうと謎に挑む少年探偵。どうしても殺人が防げない!? 不思議な時間の「反復落し穴」で、甦る度に、また殺されてしまう、渕上零治郎老人――。「落し穴」を唯一人認識できる孫の久太郎少年は、祖父を救うためにあらゆる手を尽くす。孤軍奮闘の末、少年探偵が思いついた解決策とは! 時空の不条理を核にした、本格長編パズラー。(講談社文庫)


同一人物が連続死! 恐るべき殺人の環
殺されるたび甦り、また殺される祖父を救おうと謎に挑む少年探偵

どうしても殺人が防げない!? 不思議な時間の「反復落し穴」で、甦る度に、また殺されてしまう、渕上零治郎(ふちがみれいじろう)老人――。「落し穴」を唯一人認識できる孫の久太郎少年は、祖父を救うためにあらゆる手を尽くす。孤軍奮闘の末、少年探偵が思いついた解決策とは! 時空の不条理を核にした、本格長編パズラー。

製品情報

製品名 七回死んだ男
著者名 著:西澤 保彦
発売日 1998年10月07日
価格 定価 : 本体680円(税別)
ISBN 978-4-06-263860-9
判型 A6
ページ数 360ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 ’95年10月講談社ノベルスとして刊行