はやぶさ新八御用帳(四) 鬼勘の娘

講談社文庫
ハヤブサシンパチゴヨウチョウ4オニカンノムスメ
はやぶさ新八御用帳(四) 鬼勘の娘
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

隠居するまでは、鬼勘と仇名されていた名御用聞き勘兵衛は、今も新八郎の老練な手足である。その娘で、利発なはねっかえりの小かんが、「一刻も争う」と、御用部屋を訪ねて来た。奉公先の佐竹右京大夫家に異様な内紛が生じて、次男の命が危いという……。武家の面目を保つ、意地と苦悩の難事件等8編を収録。 (講談社文庫)


武家の面目に関わる難儀を捌く、新八の手練。

隠居するまでは、鬼勘と仇名されていた名御用聞き勘兵衛は、今も新八郎の老練な手足である。その娘で、利発なはねっかえりの小かんが、「一刻も争う」と、御用部屋を訪ねて来た。奉公先の佐竹右京大夫家に異様な内紛が生じて、次男の命が危いという……。武家の面目を保つ、意地と苦悩の難事件等8編を収録。

目次

  • 箱根七湯
  • 白い殺人鬼
  • 御老女様の恋文
  • 鬼勘の娘
  • お化け女郎
  • 金唐革の財布
  • 新堀川慕情
  • さいかち坂上の恋人

製品情報

製品名 はやぶさ新八御用帳(四) 鬼勘の娘
著者名 著:平岩 弓枝
発売日 1995年09月06日
価格 定価:616円(本体560円)
ISBN 978-4-06-263064-1
判型 A6
ページ数 304ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 ’92年3月に、小社より刊行

書店在庫を見る