アルノと サッカーボール

絵本
アルノトサッカーボール
アルノと サッカーボール
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

アルノはパパからサッカーボールを買ってもらって、嬉しい反面、「大事にするのよ」とママに言われて、ちょっとビクビク。ピカピカのボールをもって外に出ると、当然のように「そのボールであそぼう」と、知らない子から誘われます。
初めてボールを地面に置く瞬間の気持ち、やがて試合にのめり込み、アルノがゴールを決め、試合終了。
 サッカーに熱中して、家に帰るのがすっかり遅くなってしまい、ママはぷんぷん。でも、そんなことどうだっていい、ぼくたちはいい試合をしたんだ、とアルノは満足だったのです、というお話。

・訳者からのメッセージ
イヴォンヌさんの今度の絵本は、サッカーの国オランダらしいおはなし。パパからもらった「ほんもの」のサッカーボールを、アルノは使いたいような、使いたくないような、もやもやした気持ちです。いっしょにサッカーする友だちが、ひとりずつ増えて、しかたなくボールをけったときのアルノの顔といったら……。でも、そのあとみんなで試合に夢中になって、アルノは「ほんもの」の喜びを手に入れます。サッカーボールのおかげで!友だちの顔ぶれも、自分より小さい子、女の子、肌の黒い男の子と、マイノリティにさりげなく配慮しているところにも、オランダらしい優しさを感じる一冊です。

製品情報

製品名 アルノと サッカーボール
著者名 作:イヴォンヌ・ヤハテンベルフ 訳:野坂 悦子
発売日 2011年05月22日
価格 定価:1,760円(本体1,600円)
ISBN 978-4-06-262631-6
判型 A4変型
ページ数 36ページ

著者紹介

作:イヴォンヌ・ヤハテンベルフ(イヴォンヌ・ヤハテンベルフ)

(Yvonne Jagtenberg)
オランダ生まれ。アルネムの芸術学校を卒業後、作絵ともに手がけた『とくべつな いちにち』を2001年に発表、オランダの新人奨励賞であるシャーロット・ケーラー奨学金を受け、国際的な注目も集めた。日本では、『とくべつな いちにち』(2006年青少年読書感想文全国コンクールの課題図書小学校低学年の部)のほか『ぼくの ウサギ』『バロチェと くまのスノウト』『バロチェの なつやすみ』(いずれも講談社)が刊行されている。

訳:野坂 悦子(ノザカ エツコ)

(のざか えつこ)
東京生まれ。1985年にオランダに渡りフランスを経て1990年に帰国。『おじいちゃん わすれないよ』(金の星社)で、産経児童出版文化賞大賞を受賞。ヤハテンベルフの作品に加え、『ちいさな あかちゃん、こんにちは! 未熟児ってなあに』(講談社)、『かえるでよかった─マックス・ベルジュイスの生涯と仕事』(セーラー出版)などの翻訳作品がある。また、「紙芝居文化の会」海外企画推進委員としても活動をつづけている。

書店在庫を見る