江戸の病

講談社選書メチエ
エドノヤマイ
江戸の病
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ダメ医者に診てもらい、あやしい薬を買い、母乳のネットワークで助け合った人びと

コレラにインフルエンザ、国民病とも言われる「肺病」とあふれる梅毒患者たち。出産は命がけだし、母乳の出だっておぼつかない。常に死と隣り合わせだった江戸の人びとは、ユーモアあふれる諦観と温情に満ちた人的ネットワークで乗り切った。江戸文化のエキスパートが、近世日本の新たな一面を明かす。

目次

  • 病気の章
  • 産と乳の章
  • 医者の章
  • 薬の章
  • 終章

製品情報

製品名 江戸の病
著者名 著:氏家 幹人
発売日 2009年04月11日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-258437-1
通巻番号 437
判型 四六
ページ数 242ページ
シリーズ 講談社選書メチエ