トクヴィル 平等と不平等の理論家

講談社選書メチエ
トクヴィルビョウドウトフビョウドウノリロンカ
トクヴィル 平等と不平等の理論家
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「デモクラシーこそは歴史の未来である」。誕生間もないアメリカ社会にトクヴィルが見いだしたのは、合衆国という特殊性を超えた、歴史の「必然」としての平等化だった。「平等化」をキーワードに、その思想の今日的意義を甦らせる。第29回サントリー学芸賞〈思想・歴史部門〉受賞。(講談社選書メチエ)


デモクラシーの理論家の新たな可能性を探るデモクラシーこそは歴史の未来である。誕生間もないアメリカ社会にトクヴィルが見いだしたものは何か。平等化をキーワードにその思想の今日性を浮き彫りにする。

目次

  • 第1章 青年トクヴィル、アメリカに旅立つ
  • 第2章 平等と不平等の理論家
  • 第3章 トクヴィルの見たアメリカ
  • 第4章 「デモクラシー」の自己変革能力
  • 結び トクヴィルの今日的意義

製品情報

製品名 トクヴィル 平等と不平等の理論家
著者名 著:宇野 重規
発売日 2007年06月08日
価格 定価:1,650円(本体1,500円)
ISBN 978-4-06-258389-3
通巻番号 389
判型 四六
ページ数 212ページ
シリーズ 講談社選書メチエ
初出 本書は文部科学省科学研究費補助金、若手研究(B)『現代政治哲学におけるアメリカとフランス 接近と対立』の研究成果の一部。

書店在庫を見る