階級社会

講談社選書メチエ
カイキュウシャカイ
  • 電子あり
階級社会
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

一握りの富裕層が富を独占する一方で、職のない若者たちはアンダークラス化し、貧困層は増大し続ける。日本は今や階級格差の超大国であり、階級格差は今もなお拡大し続けている。衝撃的現実を客観的データに基づいてレポートし、現代日本に警鐘を鳴らす。(講談社選書メチエ)


格差大国日本。その衝撃的現実をレポート。今や日本は、世界的に見ても不平等度が高く、貧困者の多い国である。しかも階級格差は確実に拡大し続けている。客観的データに基づいて現代日本に警鐘を鳴らす。

目次

  • 第1章 階級の死と再生
  • 第2章 階級へのまなざし――近代都市東京と「階級」
  • 第3章 庶民とヒーローの階級闘争――『下町の太陽』と梶原一騎
  • 第4章 拡大する階級格差
  • 第5章 アンダークラス化する若者たち
  • 第6章 女たちの階級選択
  • 第7章 「格差社会」のゆくえ

製品情報

製品名 階級社会
著者名 著:橋本 健二
発売日 2006年09月10日
価格 定価:1,650円(本体1,500円)
ISBN 978-4-06-258371-8
通巻番号 371
判型 四六
ページ数 236ページ
シリーズ 講談社選書メチエ

書店在庫を見る

オンライン書店で見る