血液型で分かる なりやすい病気・なりにくい病気

ブルーバックス
ケツエキガタデワカルナリヤスイビョウキナリニクイビョウキガンイカイヨウノウコウソクカラカンセンショウマデ
血液型で分かる なりやすい病気・なりにくい病気
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

胃がんのリスクが高いA型、ピロリ菌に弱いO型──血液型で病気のリスクが変わる!
がん、消化器潰瘍から、エコノミー症候群、脳梗塞、心筋梗塞、ノロウイルスなど感染症まで、遺伝子レベルで分かってきた驚きの関係を探ります!

血液型を決める遺伝子のはたらきが解明されたのはわずか20年前。以降、分子生物学的な研究と大規模な疫学調査によって、血液型と病気の関係が次々と明らかになってきたました。日本では「血液型性格診断」のせいで研究分野としては片隅に追いやられている血液型ですが、医学がゲノムレベルになったことで海外ではたいへん注目されており、アメリカの国立がんセンターなど権威ある機関による研究やスウェーデンの全国民調査などが行われ注目を集めています。世界の最新の研究成果を紹介し、合わせて遺伝子・細胞レベルでの血液型の謎をひもといていきます。

膵臓がん O型に比べB型は1.72倍のリスク。
胃がん O型に比べA型は1.20倍のリスク。
胃・十二指腸潰瘍 非O型に比べO型は1.35倍のリスク。
エコノミー症候群(肺塞栓症) O型に比べ非O型は1.86倍のリスク。
脳梗塞 B型、AB型はO型と比べて1.59倍のリスク。
心筋梗塞 ある種のA型はO型と比べて1.23倍のリスク。
ピロリ菌 細胞レベルでO型物質に結合しやすい
5人に1人はウイルス感染に強い「非分泌型」
etc.

製品情報

製品名 血液型で分かる なりやすい病気・なりにくい病気
著者名 著:永田 宏
発売日 2013年11月21日
価格 定価:880円(本体800円)
ISBN 978-4-06-257839-4
通巻番号 1839
判型 新書
ページ数 192ページ
シリーズ ブルーバックス

書店在庫を見る