新しい発生生物学

ブルーバックス
アタラシイハッセイセイブツガクセイメイノシンピガシュウヤクサレタハッセイノキョウイ
  • 電子あり
新しい発生生物学
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

生命の神秘が集約された「発生」の驚異! 卵というたった一つの細胞が受精して分裂を繰り返し、骨、筋肉、皮膚、内臓をつくり、複雑な構造の成体となる。この「発生」の仕組みと謎に挑む生物学の最新成果。※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、タブレットサイズの端末での閲読を推奨します。(ブルーバックス・2003年5月刊)


※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、タブレットサイズの端末での閲読を推奨します。

目次

  • 第1章 動物の体と形づくり
  • 第2章 細胞分化のメカニズム
  • 第3章 体をつくる最初の情報
  • 第4章 胚誘導――コミュニケーションの始まり
  • 第5章 体軸をつくる「分子」
  • 第6章 器官形成――部分のパターンをつくる誘導
  • 第7章 ガンと老化
  • 第8章 再生医学の可能性

製品情報

製品名 新しい発生生物学
著者名 著:浅島 誠 著:木下 圭
発売日 2003年05月17日
価格 定価:1,034円(本体940円)
ISBN 978-4-06-257410-5
通巻番号 1410
判型 新書
ページ数 264ページ
シリーズ ブルーバックス

書店在庫を見る

オンライン書店で見る