砕かれざるもの

文芸(単行本)
クダカレザルモノ
  • 電子あり
砕かれざるもの
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

関ヶ原で敗れ、流人のまま朽ち果てる運命にあった備前宰相・宇喜多秀家とその一族。加賀百万石の取り潰しに将軍家が動き出したとき、彼らは絶海の孤島から立ち上がる! 戦いに参ずるのは、若き剣士・宇喜多秀景、柳生十兵衛率いる柳生一族。さらには伊藤一刀斎、宮本武蔵らの剣豪たちも入り乱れる。運命に抗う者たちの、命を賭した戦いの結末は――。荒山流”純粋剣豪小説”、ここに誕生!


関ヶ原で敗れ、流人のまま朽ち果てる運命にあった備前宰相・宇喜多秀家とその一族。加賀百万石の取り潰しに将軍家が動き出したとき、彼らは絶海の孤島から立ち上がる!

歴史の陰に埋もれた徳川将軍家VS.加賀百万石前田家の戦い。そこに参ずるのは、若き剣士・宇喜多秀景、柳生十兵衛率いる柳生一族。さらには伊藤一刀斎、宮本武蔵らの剣豪たちも入り乱れる。運命に抗う者たちの、命を賭した戦いの結末は――。

荒山流”純粋剣豪小説”、ここに誕生!

製品情報

製品名 砕かれざるもの
著者名 著:荒山 徹
発売日 2012年07月19日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-217829-7
判型 四六変型
ページ数 346ページ
初出 三友社の配信により、2010年7月から2012年1月にかけて、『北日本新聞』、『日高新報』、『近江同盟新聞』、『いわき民報』、『デーリー東北』、『有明新報』の各紙に順次連載されたものに、加筆・修正したもの。

著者紹介

著:荒山 徹(アラヤマ トオル)

荒山 徹(アラヤマ・トオル)
1961年富山県生まれ。上智大学卒業後、新聞社、出版社勤務を経て韓国に留学。1999年『高麗秘帖』で作家デビュー。2008年『柳生大戦争』で第2回舟橋聖一文学賞を受賞。
近著に『石田三成 ソクチョンサムスン』『友を選ばば』『朝鮮通信使いま肇まる』『シャクチ』『柳生黙示録』がある。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る