けっこう笑えるイギリス人

ケッコウワラエルイギリスジン
けっこう笑えるイギリス人
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ゴミ「垂れ落とし」でもたくましい。毒舌だけど奇人にやさしい――。大暴動とオリンピックの舞台、ロンドン。在英30年のジャーナリストが生活者目線で綴った英国人の「もう、あほかあ」、日本人の「どうしちゃったの?」の数々。日英「どっちもどっち」エッセイ!


奇人、変人、英国人?

ゴミ「垂れ落とし」でもたくましい。毒舌だけど奇人にやさしい――。
大暴動とオリンピックの舞台、ロンドン。
在英30年のジャーナリストが生活者目線で綴った
英国人の「もう、あほかあ」、日本人の「どうしちゃったの?」の数々。
日英「どっちもどっち」エッセイ!

(著者より)
この30年間、日本と英国を行ったり来たりの人生だった。どんなに遠く離れても、日本は私の祖国で故郷だ。そして嫁ぎ先の英国もまた私の愛する終の住処なのである。
日本に帰るとかならず誰かに「日本と英国とどっちがいいですか」と聞かれる。本音は「どっちもどっち」というところだ。人間の作る社会なんてユートピアはない。でもまた、どっちも愛すべき人々が住む地球の1箇所なのである。
本書を出すにあたって「もしかしたら愛する友達や親戚を失ってしまうかもしれない」と怖じ気づいている。だって「外国にいて、何を言うか」と怒られそう。
でもまた、30年間小耳にはさみ続けたことを綴ったまでといえばそうなのだ。今からわけもなく謝っておこう。「ごめんなさい」。
ただ、弁解させてもらうと、個人攻撃や一人の人に的を絞って書いたわけではない。むしろ、これを読むと「貴様よくも私のことを書いたな!」と誰しもが思うかもしれない。
つまり誰にも覚えのあること、誰でも感じている事を書いたまでだ。
この自分も同罪だ。ユートピアが地球上にはないように、人間の生き方の正解なんて人間には決められない。それでも、人間が生き生きしている社会と、しゅんとしてしまっている社会があったら、生き生きしている方が良いに決まっている。

目次

  • 第1章 英国人はドジでお人好し?
  • 第2章 日本と英国、入院するならどっち?
  • 第3章 暴動の国から「地震のとき、日本はすごい」?
  • 第4章 「夜7時就寝」の子育ては児童虐待?
  • 第5章 日本の女性たちの夢ってなんなの?
  • 第6章 「日本難民」はどうして平和な国をいやがるの?
  • 第7章 草食系を丸呑みしちゃう頼もしい女の子たち、そのお名前は?
  • 第8章 もはや日本の「男の美学」は瀕死状態?
  • 第9章 英国の女性に盲点あり?
  • 第10章 英国って実は世界の植民地?
  • 第11章 日本人の死生観は「半眼」?

製品情報

製品名 けっこう笑えるイギリス人
著者名 著:山形 優子 フットマン
発売日 2012年06月12日
価格 定価:1,650円(本体1,500円)
ISBN 978-4-06-217420-6
判型 四六
ページ数 242ページ

著者紹介

著:山形 優子 フットマン(ヤマガタ ユウコ フットマン)

やまがた・ゆうこ・ふっとまん ライター
上智大学社会学科卒業。
カリフォルニア州立大学ヒューマニスティック心理学修士。
新聞記者を経てフリーライターに。滞英30年、3人の娘の母。

書店在庫を見る