夏の記者

ナツノキシャ
  • 電子あり
夏の記者
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

子どもの目線でみる大人の「真実」と「嘘」――。新聞社主催の「夏の記者」に選ばれた佳代は、ある日スポーツ施設に煉瓦をなげつけて逃げ去った若者のことを調べるが、なぜか新聞社から取材をやめるよう諭される。


「事件かも……。」
新聞社の記念企画で、地域の小学生の中から、夏の期間だけの臨時の特派員記者が10名募集された。その記者は「夏の記者」と呼ばれた。

あそこ。絶対にあそこよ。そう佳代は思った。彼は、バス待ちをしている人たちの陰に隠れるようにして自転車をとめ、そして後ろをふり返ったのではないだろうか。バス停がある場所にはちゃんと屋根があり、強い日ざしをさえぎっていた。きっと彼、このバス停の日陰で、ほっと一息ついたはず。

製品情報

製品名 夏の記者
著者名 著:福田 隆浩
発売日 2010年10月13日
価格 定価:1,430円(本体1,300円)
ISBN 978-4-06-216564-8
判型 四六
ページ数 210ページ

書店在庫を見る

オンライン書店で見る