さらば厚労省 それでもあなたは役人に生命を預けますか?

サラバコウロウショウソレデモアナタハヤクニンニイノチヲアズケマスカ
さらば厚労省 それでもあなたは役人に生命を預けますか?
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

2010年3月、厚労省を退職した――
日米の病院で医師として経験を積み、厚労省に入省した元女性キャリア。
混乱する新型インフルエンザ行政の渦中で彼女が見たものは、国民の健康よりも
自分たちの都合を優先させる“ペーパードクター”医系技官の呆れた実態だった。
官僚に支配される医療を、国民の手に取り戻せるか。


「後進国」日本の新型インフルエンザ対策
  ・前近代的な「水際作戦」
  ・国際社会で恥ずかしい日本の対応
  ・「兵站」軽視の大本営
「鎖国」する日本のワクチン不足
  ・なぜ、ワクチンが使えないの?
  ・予想通りの現場の大混乱
  ・自分の身は自分で守る
米国医療から見える日本医療
  ・疲れ果てている日本の医師たち
  ・「心」なきアメリカの病院での死
医師を「犯罪人」にする「事故調査委員会」
  ・現場の「常識」、医系技官の「非常識」
  ・医療再生への第一歩を目指して
患者のための医療再生へ
  ・厚労省からの独立へ
  ・看護師を離職させないために

【著者紹介】
村重直子 (むらしげ・なおこ)
1998年、東京大学医学部卒業。横須賀アメリカ海軍病院、ニューヨークのベス・イスラエル・メディカル・センター、国立がんセンター中央病院造血幹細胞移植科などで内科医として働いた後、2005年に厚労省へ医系技官の課長補佐として入省。2008年3月から大臣直属の同省改革準備室、7月に改革推進室、2009年7月に大臣政策室、10月に内閣府特命担当大臣(行政刷新担当)付。2010年3月、同省退職。

目次

  • 「後進国」日本の新型インフルエンザ対策
  •   ・前近代的な「水際作戦」
  •   ・国際社会で恥ずかしい日本の対応
  •   ・「兵站」軽視の大本営
  • 「鎖国」する日本のワクチン不足
  •   ・なぜ、ワクチンが使えないの?
  •   ・予想通りの現場の大混乱
  •   ・自分の身は自分で守る
  • 米国医療から見える日本医療
  •   ・疲れ果てている日本の医師たち
  •   ・「心」なきアメリカの病院での死
  • 医師を「犯罪人」にする「事故調査委員会」
  •   ・現場の「常識」、医系技官の「非常識」
  •   ・医療再生への第一歩を目指して
  • 患者のための医療再生へ
  •   ・厚労省からの独立へ
  •   ・看護師を離職させないために

製品情報

製品名 さらば厚労省 それでもあなたは役人に生命を預けますか?
著者名 著:村重 直子
発売日 2010年08月06日
価格 定価:1,650円(本体1,500円)
ISBN 978-4-06-216148-0
判型 四六
ページ数 272ページ

著者紹介

著:村重 直子(ムラシゲ ナオコ)

(むらしげ・なおこ)
1998年、東京大学医学部卒業。横須賀アメリカ海軍病院、ニューヨークのベス・イスラエル・メディカル・センター、国立がんセンター中央病院造血幹細胞移植科などで内科医として働いた後、2005年に厚労省へ医系技官の課長補佐として入省。2008年3月から大臣直属の同省改革準備室、7月に改革推進室、2009年7月に大臣政策室、10月に内閣府特命担当大臣(行政刷新担当)付。2010年3月、同省退職。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス