満州裏史

マンシュウリシアマカスマサヒコトキシノブスケガセオッタモノ
満州裏史
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

鬼憲兵大尉・甘粕正彦と昭和の妖怪・岸信介の人生は満州の地で交錯した。彼らは日本人が夢を託した大地でいったい何をしたのか?ふたりの男の生き様を辿り、いま、あらためて国のあり方を問いかける渾身のノンフィクション。知られざるもうひとつの昭和史。

甘粕正彦と岸信介。
満州の大地に憧れた人間たちの中でも、このふたりは、よほどスケールが違っていた。新興国家満州国建設のために生き、死んでいった甘粕正彦と、その実績を踏み台にして、日本の高度経済成長の礎を作った岸信介。それぞれの生き様は違っていても、志を同じくしたこのふたりである。これは、近頃ではお目にかかれなくなった「強き本物の日本人」の物語である。――<まえがきより>

製品情報

製品名 満州裏史
著者名 著:太田 尚樹
発売日 2005年11月24日
価格 定価 : 本体2,000円(税別)
ISBN 978-4-06-213200-8
判型 四六
ページ数 478ページ

書店在庫を見る