半次捕物控 疑惑

文芸(単行本)
ハンジトリモノヒカエギワク
半次捕物控 疑惑
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

半次に白羽の矢が立った

侍3人が拝領屋敷に居座った。
先例にならえば屋敷は収公、江戸中がてんやわんやの騒ぎになる。
困った年番与力は、半次を呼び出した。

「いるか」
久しぶりに聞く。疫病神の声だ。
半次は返事をせずに煙管に刻みを詰めた。
蟋蟀小三郎はずかずかとあがってきていう。
「いるなら返事くらいしろ」
半次はぷかりと煙を吹かしていった。
「用はなんです?」
「おぬし、上総屋と揉めてるんだってなあ」
「誰に聞いたんです」
「よかったら一口乗せろ。このところ金欠だ」

製品情報

製品名 半次捕物控 疑惑
著者名 著:佐藤 雅美
発売日 2003年01月20日
価格 定価:1,980円(本体1,800円)
ISBN 978-4-06-211661-9
判型 四六
ページ数 306ページ

書店在庫を見る