社長の椅子が泣いている

シャチョウノイスガナイテイル
社長の椅子が泣いている
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

●46歳で日本楽器製造(ヤマハ)社長に抜擢、突然の社長解任。
●中内功の三顧の礼で、ダイエー副社長に。
●倒産企業・リッカーを再生させた男、河島博。
全身全霊、24時間経営を考えぬいたビジネスマンの半生を描く、傑作評伝

河島は煙草を喫いつづけた。心身の疲労は限界にまで達していた。河島は、重役たちの良識を信じた。河島が予期したのは「ヤマハグループ全体の発展のため会長と社長が歩みよってもらいたい」という丸くおさめるような結論であった。しかし協議は、2時間におよんで繰りひろげられた。正午近くになって、3人の常務が社長室に入ってきた。「4人で協議した結果、会長の意見に従わざるをえないという結論に達しました」まさか、このような社長交代という結論になるとは、河島は思ってもいない。「そんなことをすると大変なことになりますよ」――<第8章 解任の日 より>

製品情報

製品名 社長の椅子が泣いている
著者名 著:加藤 仁
発売日 2006年06月17日
価格 定価:2,090円(本体1,900円)
ISBN 978-4-06-211573-5
判型 四六
ページ数 510ページ

書店在庫を見る