日本語と神道

ニホンゴトシントウニホンゴヲサカノボレバシントウガワカル
日本語と神道
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

日本人とはナンダ?

なぜ、ち(血)というのか むすこ(息子)・むすめ(娘)の意味は何か どうして、ひと(人)・ひこ(彦)・ひめ(姫)というのか
日本語(やまとことば)のルーツを探れば日本人のアイデンティティが見えてくる

日本人は無意識のうちに神道の世界に生きている
日本人と神道とのかかわりを総体として描くにはどうすればよいのか。毎日なにげなく使い、口にしている日常のことばの中に、実は日本人の宗教が隠されているのではないか。それを顕在化すれば、日本人と神道とのかかわりを示すことができるのではないか。このような問題意識をもち、本書では、日常使っている日本語のルーツを探ることにより、神道の世界を説明してみたい。――<まえがき>

製品情報

製品名 日本語と神道
著者名 著:茂木 貞純
発売日 2003年12月23日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-211297-0
判型 新書
ページ数 234ページ

書店在庫を見る