青春の終焉

文芸(単行本)
セイシュンノシュウエン
青春の終焉
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

鮮やかな謎解き!
「青春」をキーワードに現代文学を読み解く。
「身体の零度」で読売文学賞受賞の人気の文芸評論家が佐藤春夫、中村光夫、三島由紀夫の論争、ドストエフスキー、太宰治から村上龍まで鮮やかに本質を解明する。

目次

  • 1 青春の終焉
  • 2 恋愛の台本
  • 3 ドストエフスキーの波紋
  • 4 歴史とカーニヴァル
  • 5 道化の逆説
  • 6 笑う近代
  • 7 女々しさの勁さ
  • 8 十九世紀日本文学
  • 9 馬琴の影
  • 10 故郷転生
  • 11 教養の幻想
  • 12 文化の皮肉
  • 13 大学の死
  • 14 急進と根源
  • 15 失うものは何もなかった……

製品情報

製品名 青春の終焉
著者名 著:三浦 雅士
発売日 2001年09月27日
価格 定価 : 本体2,800円(税別)
ISBN 978-4-06-210780-8
判型 四六
ページ数 488ページ