装幀=菊地信義の本 1988~1996

文芸(単行本)
ソウテイキクチノブヨシノホン1988~1996
装幀=菊地信義の本 1988~1996
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

書く人と読む人がであう場所=装幀に未現の嶺野を拓きつづける菊地信義が、20年の軌跡をあざやかに結晶させて誘う1500点の〈本〉の饗宴。

●架空のオペラ
菊地信義氏の方法は、本をテクストとして徹底した読みを企てることである。徹底した読みの果てに、私の「鳳仙花」なら若沖の鳳仙花を、古井由吉氏の「槿」なら朝顔を、さながら本それ自体が描いたスーパーリアリズムのように使用する。その本のスーパーリアリズムとは、本が単に印刷した紙の束でもない、書かれてある文字の意味や象徴の集積ではない、書物であり同時に資本投企された商品であり、高度に成熟した印刷技術や流通を通った、ただ今となっては「本」としか名づけようのないものの隈取りである。ランボー言うところの、宙に浮いた架空のオペラ、それが菊地信義の手によって現前されたこれら、「本」である。

製品情報

製品名 装幀=菊地信義の本 1988~1996
著者名 著:菊地 信義
発売日 1997年08月29日
価格 定価 : 本体8,800円(税別)
ISBN 978-4-06-208661-5
判型 B5
ページ数 198ページ

書店在庫を見る