歴史の転換点で考える

レキシノテンカンテンデカンガエル
歴史の転換点で考える
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

過去にとらわれず常識に与(くみ)せずものの本質をつかみとる、ここに賢者の知恵がある

目に見える変化にまどわされてはならない。経験では測り知れないことも起こる。政治と経済の垣根を越えて、この大変動期の本質をとらえた画期的著作。

目次

  • ・人間の愚行の背景にはつねに時代の大変化がある
  • ・「賢い政府」は歴史を甘くみた思想
  • ・日本の連戦連勝はもうない
  • ・日本はリーダーの責任に甘すぎる
  • ・言論への責任も政治倫理である
  • ・全体主義の遺物から早く脱却した国が勝つ
  • ・人間の堕落は国家の過剰な介入からはじまる
  • ・国民すべての一生を保障できるほど国家は万能か
  • ・経済合理主義で政治は動かない
  • ・雇用と土地がボーダーレス経済に報復する
  • ・日本とアメリカは躁鬱症の国同士
  • ・経済戦争は戦争ではない
  • ・古い世界秩序は最低の壊れ方をした
  • ・日本はまだ文明の大変化にまで直面していない
  • ・冷戦の終了は日本にあまり関係がない
  • ・日本は目標を喪失した
  • ・国の成熟は衰退と紙一重
  • ・この130年間に起こったすべては疑ってもよい

製品情報

製品名 歴史の転換点で考える
著者名 著:高坂 正堯 著:香西 泰
発売日 1994年04月14日
価格 定価:1,602円(本体1,456円)
ISBN 978-4-06-206816-1
判型 四六
ページ数 222ページ

おすすめの本

書店在庫を見る