零戦の真実

ゼロセンノシンジツ
零戦の真実
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

世界的撃墜王が初めて明かす名機と勇士の全て
零戦の強さと弱点、日本海軍の光と陰。命を賭けて闘った戦士たちへの鎮魂歌として、事実を余すところなく証言する歴史的1冊!!

日本海軍の一戦闘機パイロットとして、太平洋戦争で私が体験したことは、大きな歴史の中の一齣(ひとこま)にすぎない。歴史は人間世界の、そして国の将来に資するためにあるとするならば、物事の正邪善悪の実態を正しく書き残さなければ価値はない。(中略)本書の内容はさまざまな波紋を呼ぶと思うが、後世のための真実の1冊となることを願うばかりである。──「まえがき」より抜粋

目次

  • 第1章 太平洋の覇者
  • 第2章 零戦の隠し味
  • 第3章 戦闘以前の問題
  • 第4章 海軍戦闘機隊の悲劇
  • 第5章 軍隊の要は戦闘にあり
  • 第6章 零戦、運命の日

製品情報

製品名 零戦の真実
著者名 著:坂井 三郎 装丁:鈴木 成一 装画:キ-ス・フェリス
発売日 1992年04月16日
価格 定価:1,923円(本体1,748円)
ISBN 978-4-06-205886-5
判型 四六
ページ数 380ページ

書店在庫を見る