日日の麺麭・風貌

講談社文芸文庫
ヒビノパンフウボウコヤマキヨシサクヒンシュウ
著:小山 清 解説:川西 政明
日日の麺麭・風貌
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

太宰治にその才能を愛され、市井に生きる人々の小さな人生を描き続けた、不遇な作家の稀有なる文業

明治の匂い香る新吉原、その地で過ごした幼少期を温かい筆致で振り返る「桜林」、妻に先立たれ、幼い娘を連れておでんの屋台を曳く男の日常を静かに辿った「日日の麺麭」等、清純な眼差しで、市井に生きる人々の小さな人生を愛情深く描いた小説9篇に、太宰、井伏についての随筆を併録。師・太宰治にその才能を愛され、不遇で短い生涯において、孤独と慰め、祈りに溢れる文学を遺した小山清の精選作品集。

小山清
私は太宰さんと会って、太宰さんの人柄が、またその生活が、作品と1枚のものであることを知った。太宰さんはまた非常に率直な人であった。いつ死んでも悔いのないように、好きな人にはこだわりなく好きだと云っておけと云っていたが、すべてにそんなところがあった。見ていてはらはらするほど率直なところがあった。――<「風貌」より>

製品情報

製品名 日日の麺麭・風貌
著者名 著:小山 清 解説:川西 政明
発売日 2005年11月12日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-198423-3
判型 A6
ページ数 240ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 底本:筑摩書房刊『小山清全集』(増補新装版’99年11月)を底本とし、新漢字新かなづかいに改めました。