対談・人間と文学

講談社文芸文庫
タイダンニンゲントブンガク
対談・人間と文学
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

近代文学を代表する評論家中村光夫と作家三島由紀夫が小説・戯曲・評論の各分野に亘り対談。「近代的自我について」「小説を書くということ」「文学者の死について」等をテーマに文学とは何か、文学者とは何かを問う。文学観、人間観を拮抗させ、はぎれのよい対話を展開、文学の魅力を縦横に語る。死へと傾斜してゆく三島を静かに予感させる話が随所に埋め込まれた興味深い対談集。

製品情報

製品名 対談・人間と文学
著者名 著:中村 光夫 著:三島 由紀夫 解説:秋山 駿
発売日 2003年07月12日
価格 定価 : 本体1,100円(税別)
ISBN 978-4-06-198340-3
判型 A6
ページ数 256ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 1968年4月本社刊同題を底本とする。