アメン父

講談社文芸文庫
アメンチチ
アメン父
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

“父は肩肘はらないで大マジメだった”明治末にアメリカで久布白直勝牧師により受洗、昭和3年広島・呉市に十字架のない独立教会を創設、70余で没した父。呉の三津田の山に父が建てた上段・中段と呼ぶ集会所(教会)、住居での懐かしい思い出や父の日記・著作等から“アメン”に貫かれている父の生涯の軌跡を真摯に辿る。息子から父への鎮魂歌。長篇小説。

製品情報

製品名 アメン父
著者名 著:田中 小実昌
発売日 2001年01月10日
価格 定価:1,320円(本体1,200円)
ISBN 978-4-06-198242-0
判型 A6
ページ数 224ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 1989年2月、河出書房新社刊『アメン父』を底本とし、多少ふりがなを加えた。

書店在庫を見る