シングル・セル

講談社文芸文庫
シングル・セル
シングル・セル
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

椎葉幹央は大学院に籍を置く学生、5歳の時母をなくし16歳の時父と死別、以来1人で生きている。学位論文を書くために山の宿に籠るが、そこで奇妙な女性と出遇う。彼女は彼のアパートについて来、住みついてしまう。他を拒否する〈個〉が互いを侵蝕することなく〈孤〉のまま如何に関わるかを鋭利にみずみずしく捉え、生の深淵に迫る力作長篇。泉鏡花賞受賞。

製品情報

製品名 シングル・セル
著者名 著:増田 みず子 解説:中沢 けい
発売日 1999年08月10日
価格 定価 : 本体1,300円(税別)
ISBN 978-4-06-197675-7
判型 A6
ページ数 294ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 1988年7月福武書店刊福武文庫『シングル・セル』