灰色の午後

講談社文芸文庫
ハイイロノゴゴ
著:佐多 稲子 解説:川村 湊
  • 電子あり
灰色の午後
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「何と云われようと、知らないことは知らないんだから、僕はそう云うしかないんですよ」とあくまで居直る惣吉。突然に出現した女の存在に崩解しだした作家夫婦の危機。反動化し戦争に向う困難な時代に、共に立ち向うはずの折江の夫が、逆に女のことで家を出ようとする。取り乱し、媚び、たじろぐ女としての自己の崩れを見据る作家佐多稲子の文学世界の最高の達成点。


「何と云われようと、知らないことは知らないんだから、僕はそう云うしかないんですよ」とあくまで居直る惣吉。突然に出現した女の存在に崩解し出した作家夫婦の危機。反動化し戦争に向う困難な時代に、共に立ち向うはずの折江の夫が、逆に女で家を出ようとする。取り乱し、媚び、たじろぐ女としての自己の崩れを見据る作家佐多稲子の文学世界の最高の達成点。解説・川村湊

製品情報

製品名 灰色の午後
著者名 著:佐多 稲子 解説:川村 湊
発売日 1999年06月10日
価格 定価 : 本体1,100円(税別)
ISBN 978-4-06-197666-5
判型 A6
ページ数 252ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 『佐多稲子全集』第10巻(1978年9月講談社刊)

書店在庫を見る

オンライン書店で見る