保田與重郎文芸論集

講談社文芸文庫
ヤスダヨジュウロウブンゲイロンシュウカワムラジロウヘン
著:保田 與重郎 編・解説:川村 二郎
保田與重郎文芸論集
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

戦前日本の思想界に多大な影響を与えた日本浪曼派の主軸たる保田與重郎の文芸論集を川村二郎が編成。ドイツロマン派の関連からよく西洋を理解し、近代批判と裏返しの日本の古典にもよく通暁した批評家保田與重郎は、帝国主義日本の戦争協力者、御用文学者と批判されてきた。政治と文学の季節が終って、文学作品としての批評の真骨頂を収録。「日本の橋」「誰ヶ袖屏風」など8篇。

製品情報

製品名 保田與重郎文芸論集
著者名 著:保田 與重郎 編・解説:川村 二郎
発売日 1999年01月08日
価格 定価:1,155円(本体1,050円)
ISBN 978-4-06-197649-8
判型 A6
ページ数 254ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 『保田與重郎全集』第4、5、8巻(1986年2、3、6月講談社刊)

書店在庫を見る