石蕗の花網野菊さんと私

講談社文芸文庫
ツワノハナアミノキクサントワタシ
石蕗の花網野菊さんと私
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

祖父広津柳浪、父和郎、そして桃子。1人きりの兄が病没し、嫁がず、孕まず、“家”が消滅する宿命を担う湘南での日々。名作『一期一会』を残し、孤独な老齢を靭く生きる網野菊へのひとかたならぬ親愛と深い交響の中で生まれる静謐な感動。文学者3代の末、広津桃子の女流文学賞受賞の名品。

製品情報

製品名 石蕗の花網野菊さんと私
著者名 著:広津 桃子 解説:竹西 寛子
発売日 1994年11月02日
価格 定価 : 本体854円(税別)
ISBN 978-4-06-196298-9
判型 A6
ページ数 226ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 1981年3月講談社刊『石蕗の花ー網野菊さんと私』