不意の声

講談社文芸文庫
フイノコエ
  • 電子あり
不意の声
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

孤独な内奥の世界を追究。読売文学賞受賞の名篇ーー「チチキトク」の電報を受け取った時、女は父の幻影を見た。父の死後に結婚した夫とは、諍が絶えず、しばしば現われる父の霊に励まされながら、陰惨な殺人を重ねる。意識の底からつき上る、不気味な想念。愛憎渦巻く夫婦生活を背景に、現実と非現実の交錯する、妖しく孤独な内奥の世界を苛烈に描く衝撃作。読売文学賞受賞作品。

製品情報

製品名 不意の声
著者名 著:河野 多恵子 解説:菅野 昭正
発売日 1993年09月02日
価格 定価:1,034円(本体940円)
ISBN 978-4-06-196239-2
判型 A6
ページ数 218ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 本書は、1976年6月刊講談社文庫『不意の声』を底本とし、多少ふりがなを加えた。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る