晩菊・水仙・白鷺

講談社文芸文庫
バンギクスイセンシラサギ
晩菊・水仙・白鷺
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

元赤坂の芸者だった老女が、昔の男の突然の再訪に心揺れ、幻滅する心理を描く「晩菊」。女流文学者賞受賞。戦死した夫の空っぽの骨壺に、夜の女が金を入れる「骨」。荒涼とした、底冷えのするような人生の光景と哀しみ。行商の子に生まれ、時代の激動を生きた作家林芙美子が名作「浮雲」連載に至る円熟の筆致をみせた晩年期の「水仙」「松葉牡丹」「白鷺」「牛肉」等、代表作6篇。

製品情報

製品名 晩菊・水仙・白鷺
著者名 著:林 芙美子 解説:中沢 けい
発売日 1992年08月04日
価格 定価 : 本体1,300円(税別)
ISBN 978-4-06-196188-3
判型 A6
ページ数 274ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 1977年4月20日「林芙美子全集」第7巻 文泉堂出版刊

書店在庫を見る

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス