十二世紀ルネサンス

講談社学術文庫
ジュウニセイキルネサンス
  • 電子あり
十二世紀ルネサンス
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

中世の真っ只中、閉ざされた一文化圏であったヨーロッパが、突如として「離陸」を開始する12世紀。東方からシチリアへ、イベリア半島へ、ギリシア・アラビアの学術がもたらされる。ユークリッド、プトレマイオス、アル=フワーリズミーなどが次々とラテン訳され、飛躍的に充実する西欧の知的基盤。先進的アラビアとの遭遇が生んだ一大転換期を読む。


アラビア世界から西欧へ
中世の眠りを覚ます 創造的文明移転の時代

中世の真っ只中、閉ざされた一文化圏であったヨーロッパが、突如として「離陸」を開始する12世紀。東方からシチリアへ、イベリア半島へ、ギリシア・アラビアの学術がもたらされる。ユークリッド、プトレマイオス、アル=フワーリズミーなどが次々とラテン訳され、飛躍的に充実する西欧の知的基盤。先進的アラビアとの遭遇が生んだ一大転換期を読む。

目次

  • 第1講 十二世紀ルネサンスとは何か
  • 第2講 十二世紀ルネサンスのルートと担い手
  • 第3講 シャルトル学派の自然学
  • 第4講 シリア・ヘレニズムとアラビア・ルネサンス
  • 第5講 アラビアから西欧へ
  • 第6講 シチリアにおける科学ルネサンス
  • 第7講 ロマンティック・ラブの成立

製品情報

製品名 十二世紀ルネサンス
著者名 著:伊東 俊太郎
発売日 2006年09月08日
価格 定価 : 本体1,080円(税別)
ISBN 978-4-06-159780-8
通巻番号 1780
判型 A6
ページ数 320ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 原本:本書の原本は1993年に岩波書店より刊行。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る