オーストリア皇太子の日本日記

講談社学術文庫
オーストリアコウタイシノニホンニッキ
  • 電子あり
オーストリア皇太子の日本日記
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

本邦初訳!「サラエボの悲劇」の主人公が綴る日本紀行
長崎―熊本―下関―宮島―京都―大阪―奈良―大津―岐阜―名古屋―宮ノ下―東京―日光―横浜

1892年末、オーストリア帝国帝位継承者、皇太子フェルディナントは世界周遊の旅に出た。翌年長崎に到着した彼は東京を目ざすが、その途次、各地で日本文化との出会いを堪能しつつ、のちにウィーン民族学博物館日本部門の礎をなす18000点もの美術品等の蒐集も行う。21年後、サラエボで暗殺される悲運の皇太子若き日の日本紀行。

園内は無数の提灯がまるで妖精のようにきらきらと輝き、真昼のような光に満ちあふれていた。日本人というのは、まことに照明の達人だ。簡素きわまりない装置を巧みに用い、すばらしい効果を生み出す術をじつによく心得ている。(熊本クラブの庭園にて)

目次

  • 第1章 長崎―熊本―下関―宮島
  • 第2章 京都―大阪―奈良―大津―岐阜
  • 第3章 名古屋―宮ノ下―東京―日光―横浜

製品情報

製品名 オーストリア皇太子の日本日記
著者名 著:フランツ・フェルディナント 訳:安藤 勉
発売日 2005年09月11日
価格 定価:924円(本体840円)
ISBN 978-4-06-159725-9
通巻番号 1725
判型 A6
ページ数 240ページ
シリーズ 講談社学術文庫

書店在庫を見る

オンライン書店で見る