中国の古代哲学

講談社学術文庫
チュウゴクノコダイテツガク
中国の古代哲学
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

孟子・老子・荘子・韓非子
東西の両碩学が迫る中国思想の真髄

読みやすい大文字版

孟子は仁義と愛敬を紐帯とする社会を理想としたと、社会思想史的方法でその思想を分析する小島。
老子は道の哲学を通し、宇宙の根源を説き、荘子は無用の用を主張し、絶対の境地は木鶏と考え、また、韓非子は天下の太平を望んで法家の学を大成したと、伝統的漢学の立場から老荘と韓非を語る宇野。
東西両碩学が中国古代思想の精髄に迫る。

目次

  • 社会思想史上における『孟子』(小島祐馬)
  • 第1講 共同社会と利益社会
  • 第2講 社会階級観――庶民生活の保障
  • 老子・荘子と韓非子(宇野哲人)
  • 第1部 老 子
  • 1 老子伝
  • 2 老子の学説
  • 第2部 荘 子
  • 1 荘子の伝と著書
  • 2 荘子の学説
  • 第3部 韓非子
  • 1 韓非の伝と著書
  • 2 韓非の学説

製品情報

製品名 中国の古代哲学
著者名 著:小島 祐馬 著:宇野 哲人
発売日 2003年02月07日
価格 定価:1,100円(本体1,000円)
ISBN 978-4-06-159583-5
通巻番号 1583
判型 A6
ページ数 304ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 底本:本書は小島祐馬著『社会思想史上における「孟子」』(三島海雲記念財団、’67年6月発行、カルピス文化叢書3)と宇野哲人著『老子・荘子と韓非子』(三島海雲記念財団、’69年9月発行、カルピス文化叢書5)を底本とした。

書店在庫を見る