古本説話集(上)

講談社学術文庫
コホンセツワシュウ
  • 電子あり
古本説話集(上)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

鎌倉時代初期成立と見られる撰者未詳の無名説話集が昭和18年に発見され、斯界の耳目を驚かせた。そして、原本が散佚した「宇治大納言物語」の流れを汲むこの作品は、日本古典文学の貴重な財宝となった。貫之・躬恒・和泉式部・赤染衛門など、王朝歌人たちの逸話を多く集め、宮廷文化の典雅な世界が展開する。上巻は、和歌説話集で、世俗説話46話を収録。

目次

  • ・大斎院事〈大斎院の事〉
  • ・公任大納言屏風歌遅進事〈公任の大納言屏風の歌を遅くたてまつらるる事〉
  • ・或人歴覧所々間入尼家詠和歌事〈或る人所々を歴覧する間に、尼が家に入りて和歌を詠む事〉
  • ・匡衡和歌事〈匡衡が和歌の事〉
  • ・赤染衛門事〈赤染の衛門が事〉
  • ・帥宮通和泉式部給事〈帥宮の和泉式部に通ひ給ふ事〉
  • ・和泉式部歌事〈和泉式部が歌の事〉
  • ・御荒宣旨歌事〈みあれの宣旨が歌の事〉
  • ・伊勢大輔歌事〈伊勢の大輔が歌の事〉
  • ・堤中納言事〈堤の中納言の事〉 ほか全46話

製品情報

製品名 古本説話集(上)
著者名 著:高橋 貢
発売日 2001年06月08日
価格 定価:1,320円(本体1,200円)
ISBN 978-4-06-159489-0
通巻番号 1489
判型 A6
ページ数 304ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 底本:’85年8月、有精堂出版より刊行された『古本説話集全註解』を底本とした。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る