聖教要録・配所残筆

講談社学術文庫
セイキョウヨウロク・ハイショザンピツ
聖教要録・配所残筆
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

時流に抗し、聖学の道を説く
素行の思想と自叙伝

江戸時代前期の代表的思想家、山鹿素行は、日常から遊離した官学(程朱の学)を排斥したことにより幕府の忌諱(きき)に触れ、配流の身となって波瀾の人生を送る。直接古代聖賢の教えに学ぶべしと説く古学の立場から、儒教理論の要点を纒めた「聖教要録」、遺書として、流謫地播磨赤穂(るたくちはりまあこう)で綴った異色の自叙伝「配所残筆」。素行の代表作2篇の文庫版初の全訳注。

目次

  • ●はじめに
  • ●聖教要録
  • ・聖教要録小序
  • ・聖教要録上
  • ・聖教要録中
  • ・聖教要録下
  • ●配所残筆

製品情報

製品名 聖教要録・配所残筆
著者名 著:山鹿 素行 訳:土田 健次郎
発売日 2001年01月10日
価格 定価:1,056円(本体960円)
ISBN 978-4-06-159470-8
通巻番号 1470
判型 A6
ページ数 216ページ
シリーズ 講談社学術文庫

書店在庫を見る