コーヒー・ハウス

講談社学術文庫
コーヒーハウス
  • 電子あり
コーヒー・ハウス
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

17世紀半ばから1世紀余にわたり繁栄を見せた欧州カフェ文化の先駆、コーヒー・ハウス。そこは政治議論や経済活動の拠点であると同時に、文学者たちが集い、ジャーナリズムを育んだ場として英国に多大な影響を与えた、社会の情報基地でもあった。近代都市・ロンドンを舞台にした、胡乱(うろん)で活力にみちた人間模様と、市民の日常生活を活写する。(講談社学術文庫)


17世紀半ばから1世紀余にわたり繁栄を見せた欧州カフェ文化の先駆、コーヒー・ハウス。そこは政治議論や経済活動の拠点であると同時に、文学者たちが集い、ジャーナリズムを育んだ場として英国に多大な影響を与えた、社会の情報基地でもあった。近代都市・ロンドンを舞台にした、胡乱(うろん)で活力にみちた人間模様と、市民の日常生活を活写する。

目次

  • 第1章 18世紀イギリスの生活史──ロンドン、ペスト、大火
  • 第2章 ジャーナリズムの誕生──クラブ、政党、雑誌
  • 第3章 ウィットたちの世界──文学サークル、科学実験、チャップ・ブック

製品情報

製品名 コーヒー・ハウス
著者名 著:小林 章夫
発売日 2000年10月10日
価格 定価 : 本体1,150円(税別)
ISBN 978-4-06-159451-7
通巻番号 1451
判型 A6
ページ数 296ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 ’84年、駸々堂出版より刊行された。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る