中世再考

講談社学術文庫
チュウセイサイコウ
  • 電子あり
中世再考
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

日本中世史の諸説に様々な疑問を提出した小論集。「平民の自由」「民衆の生活史」「東国と西国」「百姓」「海民」など、著者が現在も徹底して追究し、多くの成果をあげている、数多くの研究主題の原点が提示されている。常民文化研究所で著者に強い影響を与えた民俗学者、宮本常一に関する論考も収録。

目次

  • 序にかえて
  • 日本中世研究の現在・インタビュー
  • 1
  • ・日本中世の自由について
  • ・中世民衆生活の様相
  • ・徳政雑考 アウエハント『鯰絵――民俗的想像力の世界』にふれて
  • 2
  • ・東国と西国 地域史研究の一視点
  • ・南北朝内乱の社会史的意義
  • 3
  • ・地名と中世史研究
  • ・地名と名字
  • 4
  • ・民具学と漁業史 宮本常一氏と日本常民文化研究所
  • ・「忘れられた日本人」をめぐって
  • ・梶田翁の話によせて

製品情報

製品名 中世再考
著者名 著:網野 善彦
発売日 2000年11月10日
価格 定価 : 本体820円(税別)
ISBN 978-4-06-159448-7
通巻番号 1448
判型 A6
ページ数 272ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 ’86年、日本エディタースクール出版部より刊行された。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る