科挙の話

講談社学術文庫
カキョノハナシ
科挙の話
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

隋唐時代に始まった官吏登用試験、科挙。高級官僚になり、名誉と財産と特権を得るために、どうしても通らなければならない狭き門であった。この制度の歴史と実態を唐宋を中心にして解明し、韓愈・柳宋元・白居易・蘇軾ら受験競争の中に生きた知識人たちの姿を興味深いエピソードを交えながら描き出す好著。

目次

  • 序章 科挙とは何か
  • 第1章 エリート官僚への道──歴代の官吏任用法
  • 第2章 巨大化する科挙──試験のしくみと実態
  • 第3章 どんな試験が行われたか
  • 第4章 科挙制度の光と影

製品情報

製品名 科挙の話
著者名 著:村上 哲見
発売日 2000年04月10日
価格 定価:880円(本体800円)
ISBN 978-4-06-159426-5
通巻番号 1426
判型 A6
ページ数 256ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 本書は、講談社現代新書として1980年9月、小社より刊行された。

書店在庫を見る