馬・船・常民

講談社学術文庫
ウマ・フネ・ジョウミントウザイコウリュウノニホンレットウシ
馬・船・常民
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

考古学と中世史の論客が、日本の歴史学から抜け落ちていた事柄を掬いとり、それぞれの観点から縦横に論じ合う。東国騎馬軍団の活動、雄大なスケールで行われた海の交通、さまざまな物資のダイナミックな交流、知られざる女性たちの活躍……。そして「日本」とはなにか。常識を打ち破ったところに真の日本が立ち現われる。

目次

  • (1) 馬の活躍と人間の争い
  • 1 東国の騎馬軍団
  • 2 東国の渡来人と馬文化
  • 3 東と西、馬と船
  • 4 隼人と馬
  • 5 犠牲獣と馬
  • 6 豪族・武士団の地域性
  • 7 楠木正成の背景
  • 8 弥生の高地性集落と中世の城
  • 9 海に向かう城
  • (2) 海からの交流
  • 1 北陸・能登
  • 2 港を押さえた豪族・寺社
  • 3 商業活動と信仰
  • 4 隠岐と佐渡
  • 5 吉野ヶ里遺跡と神崎荘
  • 6 出雲と越
  • 7 海村の都市的性格
  • 8 瀬戸内海・伊予
  • 9 太平洋側の動き
  • 10 スケールの大きい海の交流
  • (3) 歴史の原像
  • 1 鋳物と塩の交流
  • 2 隠された女性の活躍
  • 3 名前と系図
  • 4 天皇と「日本」

製品情報

製品名 馬・船・常民
著者名 著:網野 善彦 著:森 浩一
発売日 1999年10月08日
価格 定価 : 本体1,150円(税別)
ISBN 978-4-06-159400-5
通巻番号 1400
判型 A6
ページ数 340ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 ’92年、河合出版より刊行

書店在庫を見る

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス