西洋近代思想史(上)十九世紀の思想のうごき

講談社学術文庫
セイヨウキンダイシソウシジュウキュウセイキノシソウノウゴキ
著:G.H・ミ-ド 訳:魚津 郁夫 訳:小柳 正弘 装丁・その他:蟹江 征治
西洋近代思想史(上)十九世紀の思想のうごき
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

20世紀のアメリカを代表する哲学「プラグマティズム」の立場にたつ思想家G・H・ミード。彼はとくに、その独創的な自我論やコミュニケイション論などによって、哲学はもとより、心理学や社会学の領域においてもひろく知られてきた。ルネサンスからカントやヘーゲル、さらにマルクスに至る「19世紀の思想のうごき」を、科学的探究を基層に捉えて斬新に展開した。待望の新訳、文庫オリジナル。

目次

  • 第1章 ルネサンスから革命へ
  • 第2章 カント──革命の哲学者
  • 第3章 革命の挫折とロマン主義の誕生
  • 第4章 カントとロマン主義哲学の背景
  • 第5章 ロマン主義の哲学者──フィヒテ
  • 第6章 ロマン主義の哲学者──シェリング
  • 第7章 ロマン主義の哲学者──ヘーゲル
  • 第8章 「進化」が一般観念となる
  • 第9章 産業革命──市場の追求
  • 第10章 社会的ルネサンス──功利主義
  • 第11章 社会的ルネサンス──カール・マルクスと社会主義

製品情報

製品名 西洋近代思想史(上)十九世紀の思想のうごき
著者名 著:G.H・ミ-ド 訳:魚津 郁夫 訳:小柳 正弘 装丁・その他:蟹江 征治
発売日 1994年04月04日
価格 定価:1,068円(本体971円)
ISBN 978-4-06-159123-3
通巻番号 1123
判型 A6
ページ数 396ページ
シリーズ 講談社学術文庫

おすすめの本

書店在庫を見る