三種の神器 西洋人の日本文化史観

講談社学術文庫
サンシュノシンキセイヨウジンノニホンブンカシカン
三種の神器 西洋人の日本文化史観
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ドイツの経済学者ジンガーは、昭和6年に来日し、東大等で政治経済学を講じた。日本の風習と文化に深く心惹かれたジンガーは、日本人の心の深層に残る民族的遺産として三種の神器に着目し、鏡・剣・勾玉を正義・英知・敬虔という日本人の徳目の象徴と捉えた。中国と日本の生活観・芸術観を西洋人の立場から比較し、〈日本的なもの〉の本質を考察するなど、今なお新鮮さを失わない日本文化論の名著。

目次

  • 第1章 幼年期の四季
  • 第2章 霧に閉ざされた文化
  • 第3章 自然のるつぼ
  • 第4章 調和の流れの法則
  • 第5章 少数の法則
  • 第6章 日本文化の幾何学的解釈
  • 第7章 日本と中国の比較
  • 第8章 書道・詩歌・禅
  • 第9章 サムライ──伝説と現実

製品情報

製品名 三種の神器 西洋人の日本文化史観
著者名 著:クルト・ジンガ- 訳:鯖田 豊之 装丁:蟹江 征治 その他:島田 拓史
発売日 1994年02月04日
価格 定価:855円(本体777円)
ISBN 978-4-06-159113-4
通巻番号 1113
判型 A6
ページ数 286ページ
シリーズ 講談社学術文庫

書店在庫を見る