ユートピアの幻想

講談社学術文庫
ユートピアノゲンソウ
著:川端 香男里 装丁:蟹江 征治 その他:多田 進
ユートピアの幻想
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ギリシア語で〈どこにもない理想郷〉を意味するトマス・モアの造語〈ユートピア〉。プラトンの「国家(ポリティア)」に始まるその古典的淵源から説き起こし、19世紀の社会主義的ユートピア志向を経て、現代のSF化された未来論に至るユートピア思想の変遷を辿る。さまざまな楽園伝説や終末論、諷刺、幻想文学などの隣接領域と対比しながら、比較文化学の視点からユートピア像の多面的な姿を考察した画期的力作。

目次

  • ●序章 ユートピアとは何か
  • ・1 ユートピアと科学
  •  「悪口」としてのユートピア/ユートピアと科学/語義の混乱
  • ・2 ユートピアの原義
  •  トマス・モアとの関連/「否定語」の固有名詞化――言葉の遊び/「どこにもない」ことが現実批判の武器となる ほか
  • ・3 ユートピア・1000年王国論・終末論
  •  カール・マンハイムの定義/レイモン・リュイエの定義/願望空間と願望時間 ほか
  • ・4 ユートピアの近接領域
  •  「理想郷の神話」/地上楽園・黄金時代/アルカディア・牧歌・悦楽境 ほか
  • ・5 ユートピアの種類
  •  社会計画案/文学的ユートピア/文学的ユートピアの手法
  • ●第1章 ユートピアの古典的淵源
  • ・1 仮構の物語(ミュトス)とユートピア
  •  理想郷の伝説と神話(ミュトス)/理想の国の追憶/ミュトス ほか
  • ・2 祝祭とユートピア
  •  「国家」を包む雰囲気/サートゥルナーリア/諷刺とユートピア ほか
  • ・3 プラトンの「国家(ポリーティアー)」篇
  •  知性のロマンス/具体的な変革プラン/ソクラテスの死 ほか
  • ・4 その他のユートピア作品
  •  ギリシア/ローマ/中世
  • ●第2章 中世からルネッサンスへ
  • ・1 地上楽園
  •  民衆の楽園/コカーニュの国/プレスター・ジョンの国 ほか
  • ・2 トマス・モアの島
  •  アメリゴ・ヴェスプッチと未知の国への航海/社会批判/新秩序の建設 ほか
  • ・3 モアとマキアヴェリ
  •  「教育」/「理想郷の神話」とマキアヴェリズム/イタリア統一の夢想 ほか
  • ・4 ルネッサンスの理想都市
  •  建築と夢/レオナルド・ダ・ヴィンチ/「古典」の復活建築家
  • ・5 フランソワ・ラブレー以後
  •  ラブレー/カンパネルラ/ベイコン ほか
  • ●第3章 フランス革命まで
  •  展望――16世紀より19世紀
  • ・1 イギリス革命のユートピア
  •  ウィンスタンリ/ハリントン/ホッブス ほか
  • ・2 17世紀のフランス
  •  シラノ/ドニ・ヴェイラス/フォワニー ほか
  • ・3 啓蒙の時代
  •  地理上の大発見の終わり/小説・哲学的説話・国

製品情報

製品名 ユートピアの幻想
著者名 著:川端 香男里 装丁:蟹江 征治 その他:多田 進
発売日 1993年10月04日
価格 定価:946円(本体860円)
ISBN 978-4-06-159094-6
通巻番号 1094
判型 A6
ページ数 286ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 1971年6月潮出版社

おすすめの本

書店在庫を見る