平和の海と戦いの海 二・二六事件から「人間宣言」まで

講談社学術文庫
ヘイワノウミトタタカイノウミニーニーロクジケンカラニンゲンセンゲンマデ
平和の海と戦いの海 二・二六事件から「人間宣言」まで
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

二・二六事件から太平洋戦争へ、そしてポツダム宣言受諾、天皇の「人間宣言」へと太平洋が平和の海から戦いの海へと化した時期に、和平のためにひたすら努力した人達がいた。彼らは日米相互の人間と文化への深い理解と信頼の上に立って、平和への道を追求したのである。太平洋戦争にまつわる政治的事件を多くの資料をもとに再構成し、日米双方の当事者の魂の交流を描くヒューマン・ドキュメント。

目次

  • ●第1部 平和の海と戦いの海──二・二六事件から八月十五日まで
  • 第1章 グルー大使と齋藤實夫人
  • 第2章 鈴木貫太郎の平和演説
  • 第3章 昭和二十年初夏の日米交渉
  • ●第2部 「人間宣言」の内と外──ブライス教授と山梨提督をめぐって
  • 第1章 ブライス教授
  • 第2章 山梨提督
  • 第3章 人間宣言
  • 第4章 ヴァイニング夫人
  • 第5章 君子交淡如水

製品情報

製品名 平和の海と戦いの海 二・二六事件から「人間宣言」まで
著者名 著:平川 弘 解説:五百旗頭 真 装丁:島田 拓史
発売日 1993年04月28日
価格 定価:1,046円(本体951円)
ISBN 978-4-06-159074-8
通巻番号 1074
判型 A6
ページ数 362ページ
シリーズ 講談社学術文庫

書店在庫を見る