アメリカの保守とリベラル

講談社学術文庫
アメリカノホシュトリベラル
アメリカの保守とリベラル
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

アメリカの政治を動かす保守とリベラルの2大社会思潮の対立を、政治学の第一人者が丹念に考察。共和党政権を12年も継続させた保守主義の興隆、さらにソ連解体、経済弱体化で急速に進んだ保守の分裂とリベラルの反撃など、クリントン登場までの熾烈な攻防を解き明かす。日々変化する情報に流されることなくアメリカの本質を理解し、今後の動向を正しく把握したい人に贈る必読の文庫オリジナル。

目次

  • 0 リベラリズムと保守主義
  • 1 保守主義によるリベラリズム批判
  •   1.保守主義の台頭
  •   2.「大きな政府」への批判
  •   3.経済活動の自由擁護
  •   4.伝統文化の再建に向けて
  •   5.望ましい政治の姿
  •   6.新保守主義者たちの自己総括
  • 2 ネオ・リベラリズム
  •   1.ネオ・リベラリズムと「ニュー・アイデア」
  •   2.産業政策から「公共の哲学」まで
  •   3.アメリカの役割の見直しを求めて
  • 3 ポスト保守主義時代のイデオロギー
  •   1.もう1つの「イデオロギーの終焉」
  •   2.「終焉」論をめぐって
  •   3.「衰退」論をめぐって
  •   4.日本異質論をめぐって
  • 4 既成イデオロギーの解体と新たな模索
  •   1.湾岸危機と非介入主義の台頭、保守の内乱
  •   2.アメリカ衰退論の波及
  •   3.「保守もリベラルもダメ」論
  •   4.ロス・ペローの登場
  •   5.ライシュの問題提起
  • 5 クリントン政権の誕生と保守派の分裂
  •   1.「新しいパラダイム」の試み
  •   2.保守派の混乱と分裂

製品情報

製品名 アメリカの保守とリベラル
著者名 著:佐々木 毅 装丁:志賀 紀子
発売日 1993年04月28日
価格 定価:902円(本体820円)
ISBN 978-4-06-159072-4
通巻番号 1072
判型 A6
ページ数 270ページ
シリーズ 講談社学術文庫

書店在庫を見る