脳と心のメカニズム

講談社学術文庫
ノウトココロノメカニズム
著:本間 三郎 装丁:志賀 紀子 装丁:蟹江 征治
脳と心のメカニズム
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

心とは何か。意識とは、思考とは、記憶とは何か。未熟な脳で生まれた無垢の人間は、5カ月もすると急激に変貌する。刺激――反応による本能的・機械的行動にとどまらない選択的・自発的活動を示す。「意思」による高級な行動。この人間にのみ特有の脳機能の中枢に位置するのが神経細胞――ニューロンである。本書はニューロンの電気現象の解明という物理学的アプローチから、人体究極の謎「脳と心」に迫る。

目次

  • 第1章 脳を知る
  •  1 意識と脳波
  •  2 脳と心――唯識の世界
  •  3 人間の脳、その特質
  •  4 脳のもつ情報
  •  5 人間の脳サルの脳
  • 第2章 脳のメカニズム
  •  1 ニューロンは生きている
  •  2 ニューロンの活動
  •  3 ニューロンとシナプス機構
  •  4 伝達物質の放出
  •  5 インパルス伝達の本態
  •  6 ニューロンの興奮
  • 第3章 運動のしくみ
  •  1 心と結びついた歩行
  •  2 運動のプランから実行まで
  •  3 インパルス時系列
  •  4 運動のプラン
  •  5 開ループ方式のプログラム
  •  6 反射運動のしくみ
  •  7 随意運動のしくみ
  • 第4章 知覚について
  •  1 感覚と知覚
  •  2 感覚の発生
  •  3 感覚から知覚へ
  •  4 図形の抽出
  •  5 形態視と空間視
  •  6 認知ということ
  • 第5章 記憶とはなにか
  •  1 電気刺激による記憶の再現
  •  2 認知から記憶へ
  •  3 記憶のニューロン機構
  •  4 学習効果の成立
  • 第6章 思考にせまる
  •  1 思考はいかにして形成されるか
  •  2 「思考」研究法
  •  3 思考はいかに表現されるか
  •  4 言語中枢と左右大脳半球
  •  5 思考の神経生理学
  • 第7章 意識をさぐる
  •  1 意識水準の賦活
  •  2 音楽脳と視床
  •  3 言語脳と視床
  •  4 意識――生存の基本
  •  5 左右半球分離
  •  6 夢
  • 第8章 人間の脳形成
  •  1 ニューロンの誕生から機能の獲得・形成まで
  •  2 脳機能の因果性と特異化
  •  3 母国語形成と創造性思考

製品情報

製品名 脳と心のメカニズム
著者名 著:本間 三郎 装丁:志賀 紀子 装丁:蟹江 征治
発売日 1993年02月04日
価格 定価:812円(本体738円)
ISBN 978-4-06-159060-1
通巻番号 1060
判型 A6
ページ数 254ページ
シリーズ 講談社学術文庫

書店在庫を見る