茶の湯事始 初期茶道史論考

講談社学術文庫
チャノユコトハジメ
茶の湯事始 初期茶道史論考
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

戦国時代末期の乱世に発展した茶道文化は、書院茶と草庵茶という2つの流れをもって人々の間に浸透した。両者を統一し、大成したのが千利休である。相阿弥作とされる『長歌茶湯物語』をはじめ様々な資料を駆使して、茶道点前の成立、炭・灰の仕様、懐石料理の誕生などを具体的に論じ、珠光から昭鴎をへて利休に到る初期茶道の様相を鮮やかに再現する。次代のあるべき茶道界の姿をも示唆する好著。

目次

  • ●第1章 茶道点前(てまえ)の成立
  •  1 茶会の成立
  •  2 台子(だいす)の伝法
  • ●第2章 伝相阿弥(そうあみ)『長歌茶湯物語』と初期茶道
  •  1 『長歌茶湯物語』成立をめぐる問題
  •  2 茶道形成期における『長歌茶湯物語』の位置
  • ●第3章 茶の湯事始
  •  1 茶事の成立
  •  2 茶会への招待
  •  3 薄茶(うすちゃ)と濃茶(こいちゃ)
  •  4 「路地」から「露地」へ
  •  5 会席と懐石
  •  6 茶と菓子
  •  7 花と花入
  •  8 床と掛物
  •  9 侘び
  • ●第4章 茶の湯灰・炭考
  •  1 火相(ひあい)・湯相(ゆあい)の妙
  •  2 風炉(ふろ)
  •  3 五徳(ごとく)の据え方
  •  4 灰の種類
  •  5 灰形(はいがた)
  •  6 灰の作法
  •  7 茶の灰のはなし
  •  8 灰を焼く
  •  9 炭手前(すみてまえ)の成立
  •  10 炭をつぐ

製品情報

製品名 茶の湯事始 初期茶道史論考
著者名 著:筒井 紘一 装丁:蟹江 征治
発売日 1992年01月07日
価格 定価 : 本体860円(税別)
ISBN 978-4-06-159009-0
通巻番号 1009
判型 A6
ページ数 282ページ
シリーズ 講談社学術文庫

お知らせ・ニュース

関連サイト
講談社学術文庫の「大文字版」がオンデマンドで読める!
「講談社学術文庫大文字版オンデマンド(POD)」好評です!

学術文庫の版面をそのまま、四六判(一般的な単行本の大きさ)相当まで大きく引き延ばして印刷・製本するオンデマンド版を販売中です。ご注文いただいたらすぐに製造、在庫切れの心配がありません。
ご注文から5日以内にお手元まで直送いたします。
----------------------------------------------------------------------------------------------------
こんなにすごい! 「講談社学術文庫大文字版オンデマンド(POD)」
 ◎127パーセント拡大。細かな注釈も十分な大きさの文字に
 ◎四六版相当(133ミリ×188ミリ)のサイズなので、書棚におさめやすい
 ◎高品質用紙にくっきりとした印刷なので、文字が読みやすい
 ◎伸縮性が高いPUR製本なので、開きやすく割れにくい
 ◎フィルム貼りをほどこした高級感ある表紙
 ◎オンラインでご注文後、五日以内に発送。すぐに手元に届く
----------------------------------------------------------------------------------------------------
販売は、専用のウェブサイト https://kodansha.bookstores.jp/ のみにて販売いたします。
(一般書店での取り扱いはございません。ご注意ください)
スマホでもPCも、快適にじっくり本を選べます! 

講談社学術文庫の約600書目がラインナップとして用意しています。
紙の文庫では品切れ重版未定となっている書目もあります。
今後もさらに既刊書を拡充するとともに、
新刊書目もラインナップに加えていく予定です。ぜひご注目ください!