余暇と祝祭

講談社学術文庫
ヨカトシュクサイ
著:ヨゼフ・ピ-パ- 訳・解説:稲垣 良典 その他:T.S・エリオット その他:蟹江 征治 装丁:三輪 忠夫
余暇と祝祭
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

余暇とは、労働に従事している人間に労働以外の有意義な活動の場を与えること、真実の余暇を持つ可能性を開いてやることである。本当の余暇は無為でなく、まさしく活動である。どのような行為で余暇をみたすべきか、それこそが中心問題である。本当の意味での余暇の実現とは、余暇の本質である祭りをいわい、礼拝することにある。つまり、祝祭を可能にするものがそのまま真実の余暇を可能にすると説く、余暇論に地平をひらく好著。

目次

  • 1 西洋文化の基礎としての余暇
  • 2 絶対化された労働
  • 3 余暇の本質
  • 4 真の余暇を実現するために

製品情報

製品名 余暇と祝祭
著者名 著:ヨゼフ・ピ-パ- 訳・解説:稲垣 良典 その他:T.S・エリオット その他:蟹江 征治 装丁:三輪 忠夫
発売日 1988年12月05日
価格 定価:550円(本体500円)
ISBN 978-4-06-158856-1
通巻番号 856
判型 A6
ページ数 120ページ
シリーズ 講談社学術文庫

書店在庫を見る