中庸

講談社学術文庫
チュウヨウ
その他:宇野 哲人
中庸
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

人間の本性は天が授けたもので、それを”誠”で表し、「誠とは天の道なり、これを誠にするのは人の道なり」という倫理道徳の主眼を、首尾一貫、渾然たる哲学体系にまで高め得た、儒教第一の経典の注釈書。

目次

  • 1 中庸句序
  • 2 中庸
  •   1.天の命ずるをこれ性と謂い
  •   2.仲尼(ちゆうじ)曰く、君子は中庸をす
  •   3.子曰く、中庸はそれ至れるかな
  •   4.子曰く、道の行われざるや、我これを知る
  •   5.子曰く、道はそれ行われざるかな
  •   6.子曰く、舜(しゅん)はそれ大知(たいち)なるか
  •   7.子曰く、人皆予知(ひとみなわれち)ありと曰う
  •   8.子曰く、回の人と為りや、中庸を択び
  •   9.子曰く、天下国家をも均しくす可(べ)きなり
  •   10.子路強を問う。子曰く、南方の強か
  •   11.子曰く、隠れたるを素め怪しきを行うは
  •   12.君子の道は費にして隠なり
  •   13.子曰く、道は人に遠からず
  •   14.君子その位に素して行い
  •   15.君子の道は、辟(ちか)えば遠きに行くに必ず邇き自りするが如く
  •   16.子曰く、鬼神の徳たる、それ盛んなるかな
  •   17.子曰く、舜はそれ大孝なるか
  •   18.子曰く、憂いなき者はそれ惟文王(ただぶんのう)か
  •   19.子曰く、武王周公はそれ達孝なるか
  •   20.哀公政(あいこうまつりごと)を問う。子曰く、文武の政、布いて方策に在り
  •   21.誠よりして明なるこれを性と謂う
  •   22.唯天下の至誠、能くその性を尽くすことを為す
  •   23.その次は曲を致す。曲能く誠あり
  •   24.至誠の道はもって前知す可し
  •   25.誠は自ら成るなり
  •   26.故に至誠は息(や)むなし
  •   27.大なるかな聖人の道
  •   28.子曰く、愚にして自ら用うるを好み、賤にして自ら専らにするを好み
  •   29.天下に王たるに三重あり
  •   30.仲尼、堯舜を祖述し、文武を憲章す
  •   31.唯天下の至聖、能く聡明睿知にしてもって臨むあるに足り
  •   32.唯天下の至誠、能く天下の大経を経綸し
  •   33.詩に曰く、錦を衣て絅を尚うと
  • 3 『中庸』講義
  •   1.子思略伝
  •   2.『中庸』の作るゆえん
  •   3.『中庸』の表章
  •   4.天道論
  •   5.倫理説@##

製品情報

製品名 中庸
著者名 その他:宇野 哲人
発売日 1983年02月08日
価格 定価:1,100円(本体1,000円)
ISBN 978-4-06-158595-9
通巻番号 595
判型 A6
ページ数 248ページ
シリーズ 講談社学術文庫

著者紹介

書店在庫を見る

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス