原典による歴史学入門

講談社学術文庫
ゲンテンニヨルレキシガクニュウモン
原典による歴史学入門
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

優れた歴史家の代表的著作は、常に新しい歴史認識を作り上げてきた。本書は、不滅の生命をもつこれらの〈原典〉を読みながら、歴史認識のあり方を学べる書である。ヘロドトスの「歴史」を始め、モンテスキューの「ローマ人盛衰原因論」、ランケの「近代歴史家批判」、トインビーの「イギリス産業革命史」、ブルクハルトの「世界史の考察」など44の原典を収録する。歴史学の発展と全体的関連を把握し、生きた歴史を学ぶための最適の書。

目次

  • ●第1章 ギリシア・ローマ
  • 1 歴史――ヘロドトス
  • 2 戦史――トゥキュディデス
  • 3 世界史――ポリュビオス
  • 4 ガリア戦記――カエサル
  • 5 カティリーナ内乱記――サッルスティウス
  • 6 ローマ史――リウィウス
  • 7 編年史――タキトゥス
  • 8 皇帝伝――スエトニウス
  • 9 歴史――アンミアヌス
  • ●第2章 キリスト教的歴史観
  • 1 教会史――エウセビオス
  • 2 神国論――アウグスティヌス
  • 3 異教徒に反論する歴史――オロシウス
  • 4 歴史――ロドゥルフス・グラベール
  • 5 二都論――フライジングのオットー
  • ●第3章 ゲルマン世界
  • 1 聖マルティヌス伝――セウェルス
  • 2 フランク人史――グレゴリウス
  • 3 イギリス民族教会史――ベーダ
  • 4 カール大帝伝――アインハルト
  • 5 アングロ・サクソン年代記――(作者不詳)
  • 6 ザクセン人言行録――ウィトゥキント
  • 7 イギリス人王言行録――マームズベリのウィリアム
  • ●第4章 ルネサンス・宗教改革・啓蒙時代
  • 1 コンスタンティヌス大帝寄進状論――ヴァッラ
  • 2 キリストの武士の脇ざし――エラスムス
  • 3 新約聖書――エラスムス
  • 4 ティト・リヴィオの初十巻論考――マキャヴェッリ
  • 5 ローマ人盛衰原因論――モンテスキュー
  • 6 諸民族の習俗・精神試論――ヴォルテール
  • 7 イギリスの歴史――ヒューム
  • 8 オスナブリュック史――メーザー
  • 9 人類史哲学の構想――ヘルダー
  • ●第5章 十九世紀――歴史の世紀
  • 1 ローマ史――ニーブーア
  • 2 ローマ的ゲルマン的諸民族史――ランケ
  • 3 近代歴史家批判――ランケ
  • 4 三〇年代の断片――ランケ
  • 5 宗教改革期におけるドイツ史――ランケ
  • 6 アメリカの民主政治――トックヴィル
  • 7 ポール・ロワイヤル――サント・ブーヴ
  • 8 フランス革命史――ミシュレー
  • 9 イギリス史――マコーレー
  • 10 ローマ史――モムゼン
  • 11 歴史学綱要――ドロイゼン
  • 12 近代フランスの起源

製品情報

製品名 原典による歴史学入門
著者名 著:林 健太郎 著:沢田 昭夫 装丁:蟹江 征治
発売日 1982年03月08日
価格 定価:1,980円(本体1,800円)
ISBN 978-4-06-158326-9
通巻番号 326
判型 A6
ページ数 722ページ
シリーズ 講談社学術文庫

おすすめの本

書店在庫を見る