からだの知恵 この不思議なはたらき

講談社学術文庫
カラダノチエ
からだの知恵 この不思議なはたらき
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

暑くなって体温が上がりそうになると汗をかく。小さな傷は放っておいても自然に治ってしまう。このようにして、生物のからだはつねに一定の状態を保っている。本書は、生物体のもつ自己調節機能をひとつのシステムとして捉え、ホメオステーシス(生体における恒常性維持)という概念をはじめて提唱した書である。生命体を新しい角度から捉えたこの概念は、生物学はもちろん、心理学・社会学など現代思考全般に大きな影響を与えている。

目次

  • 1 からだを満たしたいる液質
  • 2 血液やリンパ液を良好な状態に保つからだの自衛機構
  • 3 物質の供給を確保する手段としての渇きと飢え
  • 4 血液中に含まれている水の量の恒常性
  • 5 血液中に含まれている塩分の量の恒常性
  • 6 血液中の糖の恒常性
  • 7 血液中のタンパク質の恒常性
  • 8 血液中の脂肪の恒常性
  • 9 血液中のカルシウムの恒常性
  • 10 充分な酸素の供給を維持すること
  • 11 血液がつねに中性に維持されていること
  • 12 体温の恒常性
  • 13 生物に自然に備わる防衛手段
  • 14 からだの構造と機能の安全性の限界
  • 15 神経系の2つの大きな区分とその一般的な機能
  • 16 恒常性維持に占める交感神経-副腎系の役割
  • 17 からだの安定性の一般的な特徴
  • 18 生物学的恒常性と社会的恒常性

製品情報

製品名 からだの知恵 この不思議なはたらき
著者名 著:B・ウォルター・キャノン 訳:舘 隣 訳:舘 澄江
発売日 1981年12月08日
価格 定価:1,298円(本体1,180円)
ISBN 978-4-06-158320-7
通巻番号 320
判型 A6
ページ数 354ページ
シリーズ 講談社学術文庫

書店在庫を見る

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス